2021年01月13日

WordPressスピードアップのヒント

どうにも、Page Speed Insight の数字が20前後から改善しないのが気になる。

Affinger5のマニュアルサイトを見ていたら、ヒントになりそうなページがありました。

【スピードアップ】WordPressテーマの表示速度改善(基本) - WINGマニュアル


WordPressプラグイン紹介 - WINGマニュアル


明日、じっくり見よう。


タグ:Wordpress
posted by mocci at 22:43| Comment(0) | WordPress

2021年01月11日

ステージングサーバでのWordPressログイン(reCaptcha V3導入後)

さくらのステージングサーバにスナップショットをコピーして、カテゴリーなど編集したいと思いました。

ステージングサーバへのスナップショットのセットまでは順調。

しかし、ステージングサーバのサイトを開いて、

/wp-login.php をつけてワードプレス編集画面を開こうとしても、開かない。

Jetpackに、不正なログインとか言われる。

どうやら reCaptcha が頑張っているらしい。


wordpressテーマ変更時の不安解消!ステージング活用|新しく創るをサポートSatopi design
「プラグインのInvisible reCaptchaでwordpressのログイン画面をプロテクトしている場合は、設定で一時的にログインをプロテクトを外してから、サイトのコピーを取ります。」



プラグインは使っていない(Contact Form 7の「お問合せ」で「インテグレート」している)ので、

ワードプレスの「お問合せ」メニューで、

一旦reCaptcha のサイトキー、シークレットキーを「削除」してから

ステージングサーバにスナップショットをセットし、

その後再び、サイトキー、シークレットキーを入力してインテグレートして元に戻す。


無事、ステージングサーバのワードプレス編集画面にアクセスできました。


2021.1.20追記

その後またログインできなくなった。

上記やろうと思ったが、また本番サーバからステージングサーバにセットし直したら

今までの編集作業がおじゃんになってしまうのでよろしくない。

一応、ステージングサーバのスナップショットをとっておく。


その後、さくらのサーバコントロールメニューからスナップショットにログインし直して、

そこからステージングサーバのサイトにアクセスして、/wp-login.php したら、入れた!



それまではスナップショットにはログインしっぱなしで、そこから編集に行っていた。

サーバコントロールメニューから辿りつくのが正しいのかも・・・


タグ:Wordpress
posted by mocci at 13:15| Comment(0) | WordPress

2021年01月07日

WordPressのプラグインに注意!キャッシュと遅延読み込み

数日前に、サイト表示スピードを上げるためにいくつかプラグインを導入。

結果ほとんど効果が出ていなかったのだけれど、様子見で入れておきました。

今朝、何気にスマホからサイトを見てみると、・・・

ヘッダー画像とサムネイル画像が、表示されない。

まずい!!!

朝のルーティーンもそこそこに原因究明。

プラグインが悪さをしているとしか思えません。

特に気になるのは、遅延読み込み系と、キャッシュ系。

今朝時点で入れていたのは、

遅延読み込みの Native Lazyload と、
キャッシュ系の WP Super Cache

それぞれ有効化/無効化して、影響を調べてみる。

Native Lazyload  有効
WP Super Cache 無効
→ 画像表示 バツ1

Native Lazyload  無効
WP Super Cache 有効
→ 画像表示 バツ1

Native Lazyload  無効
WP Super Cache 無効
→ 画像表示 〇

理由は不明ですが、どちらも無効にするのが今の解決策。

ということで、この二つは無効化、削除。


代わりに EWWW Image Optimizer を復活させてみた。

ただし、遅延読み込みはオフで。

表示速度は相変わらずですが、今はこうしておくしか。

どうすりゃいいんだ、悩む。。。



タグ:Wordpress
posted by mocci at 20:53| Comment(0) | WordPress

2021年01月04日

Google Search Console のLCP問題を解決したい


別件でGoogle Search Consoleにアクセスしてみて、

久しぶりにLCP問題を見てみたら全く解決されていないことに気がついた。


【初心者さん向け】Search Consoleの機能『URL検査』とは?ホームページ作成お役立ち記事
Googleが提供する「Search Console(サーチコンソール)」というツールはご存知でしょうか。
以前は「ウェブマスターツール」という名称だったため、「旧ウェブマスターツール」と表記しているページも見かけます。




LCPの問題:2.5秒超の対応について【Search Console】
ページの読み込みに時間がかかると、直帰率に深刻な影響を及ぼします。具体的には:
・ページの読み込み時間が1秒から3秒に増加すると、直帰率は32%増加します。
・ページの読み込み時間が1秒から6秒に増加すると、直帰率は106%増加します。



まずい。

これをやってみた。

とりあえずおススメのプラグインを全て入れてみた。


サーチコンソールのウェブに関する主な指標でLCPの問題(不良URL)が出たときの対処法! - あぶログ

28日後に確認します。



サイトの表示速度が遅いのは、ここでも確認できる。

PageSpeed Insights

まずい。遅い。

設定の問題ですか?



EWWW Image Optimizer

ワードプレス1秒短縮!画像を圧縮してブログ速度を上げるプラグイン | セミリタラボ
画像圧縮プラグインの「EWWW Image Optimizer」の使い方や初期設定、APIキーっている?「匿名でデータ送信することを許可しますか?」という謎のメッセージも解決! 

画像圧縮プラグインEwww Image Optimizeの使い方 | takuweb

EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方


ん?遅延読み込みの設定がある。
Native Lazyloadプラグインとバッティングしないのか?

WordPressで画像圧縮・遅延読み込み・WebPなら、プラグインEWWW Image Optimizer! | 大阪・関西のWordPress・Webサイト制作LIVALEST


最速で解決!EWWW Image OptimizerでWEBP(緑)にする方法


EWWW Image Optimizerの遅延読み込みを有効にして、
Native Lazyloadは無効化・削除することにします。

ついでにEWWW Image OptimizerのWebP化にもチェック。



WP Super Cache

WP Super Cache のおすすめの設定方法


WordPressが加速するWP Super Cacheの設定方法│システムガーディアン株式会社


【2021年最新】WP Super Cacheの設定方法・使い方(不具合対処も紹介)


サイト表示を早くする「WP Super Cache」の設定 | takuweb




PageSpeed Insights


おかしいぞ。。。

逆に悪くなっているような気がする。。。

う〜〜ん、しばらくこれやっておこう。

後日また確認が必要です。



タグ:Google Wordpress
posted by mocci at 15:12| Comment(0) | WordPress