2021年08月22日

Googleからのエラー報告で色々解決した話

Googleからエラー報告のメールが来てバタバタと対応していたら、ずっと困っていたことが解決した件、

長文ですが作業のまとめ。



今朝、Googleからメールが届いていました。


「送信元: Google Search Console
 件名:
 カバレッジhttps://www.moonlife-style.com/で問題が検出されました
 貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。
 * リダイレクト エラー


な、なんのこっちゃでございます。

んで、久しぶりにサーチコンソールを見てみると、確かにエラーが一つ。


リダイレクトエラー.JPG


該当ページは、

https://www.moonlife-style.com/category/drum/page/1/

だそうです。

これ、カテゴリーページですね。


以前から「カテゴリーページで1ページ目に戻れない問題」があり、原因がわからなくて困っていたのですが、AFFINGERの問題かと思いそのうち直るかな… と放置していました。

自然に直るわけがないよね笑


これが原因かもしれない。。。



検索しても同じ問題で困っている人はいなさそうだし、自分で直すしかないかと覚悟を決めました。



さくらサーバーのSnapUp機能を使って、バックアップサーバー側で修正を試みてみましょう。

プラグインSearch Regexで「/page/1/」を検索して置換できるかと試みたけど、検索できない。検索する項目を「WordPress設定」にして「/page/」で検索すると、何か出てきた。

該当項目16個、「rewrite_rules」が検索結果に現れました。

これはプログラム的なものですね、いじっちゃだめなやつ。

ちなみに、WordPressでカテゴリーページを設定する 投稿>カテゴリー では、Hyper Textを編集することはできません。

手詰まり。もうだめか…



藁をつかむ思いで、AFFINGERユーザページの「ご相談フォーム」ページを見て見たら、

「トラブルの原因ベスト5」

というのがあった。その中に

「プラグインを全部止めてみる」

というのがあり、もしやと思い一度全部止めてカテゴリーページの表示を見てみると、



ちゃんと1ページ目に戻れる・・・

プラグインだったか!!!!




次は犯人捜し。

上の方から(Aから)順にプラグインを有効にしていき、カテゴリーページの動作を見てみる。

すると、犯人が見つかりましたよ。

SAKURA RS WP SSL(さくらサーバーの常時SSL化プラグイン)

これを有効にするとおかしくなる。

お前か〜!!!!

SSL化プラグインなんて全く関係なさそうなのに、なぜそんな症状を起こすのかは謎です。

でもこれを無効にすると、/page/1/ へのリンクが正常に機能します。

不思議だ・・・



犯人がわかったら、次は対策。


プラグインのトラブルシューティング説明はあるけれど症状に合致する説明は見当たらず、プラグインの使用をやめたほうが良さそうです。

WordPressの常時SSL化プラグイン トラブルシューティング – さくらのサポート情報



しかも、今後はプラグインの更新もない様子。

この際きっぱり縁を切りましょう。


WordPressサイトのSSL化方法 – さくらのサポート情報
さくらのレンタルサーバ常時SSL化プラグインは2021年3月をもって新規提供を終了いたしました。
プラグインから現在の方法に乗り換える場合は、以下のマニュアルをご確認ください。
前提条件
・SSL設定機能はWordPress5.7以上で標準提供されており、プラグインなどは必要ありません。
独自ドメインでご利用される場合は、設定の前にSSLサーバ証明書の導入を完了してください
・共有SSL(初期ドメインのSSL)を利用される場合はそのまま利用可能です。


moonlife-style.comは、SNI SSLだったので、SSLサーバ証明書の導入が必要です。


【無料SSL】Let’s Encrypt 設定手順 – さくらのサポート情報
独自ドメインで利用する場合は、必ず事前にSSLサーバ証明書をインストールしてから利用を開始してください。
このマニュアルでは、さくらのレンタルサーバで無料SSL(Let’s Encrypt)を導入する手順についてご案内しています


ここからは、本番サーバでの作業になります。

サーバーコントロールパネルでSSL証明書を確認したら、Let’s Encrypt 取得済みでした。そういえばず〜っと前に、やったかな…

WordPress の「設定」で確認したら、https:// になっていました。

念の為 https:// でサイトにアクセスしてみたらちゃんと表示される。OK。


ただ、http:// から https:// へのリダイレクトは切れています。今まではプラグインが担ってくれていたらしい。

これもサーバーコントロールパネルで設定します。


ドメインリダイレクト機能の使い方 – さくらのサポート情報
example.jpからwww.example.jpへリダイレクトしたり、HTTPSのURLへリダイレクトする機能です。
これまではhtaccess等で記載しなければいけなかった設定が、コントロールパネルから行えるようになります。

サーバコントロールパネルでチェックをひとつ入れればOK!

リダイレクト設定完了!!



動作確認したら、いらないプラグインは削除。

ついでに、更新が止まっていたものを更新しました。

ついでに、久々にPage Speed Insight を試してみたら、

・・・モバイル16とか、PC40とか、全然変わってない。遅いorz

ま、これは別問題ですね笑



以上、ひょんなことから、

ずっと気になっていた「カテゴリーページで1ページ目に戻れない問題」が解決しました!

あきらめちゃだめですねー笑


肝心の「リダイレクトエラー」は、Googleに再申請して審査待ち。

こっちも直ってるといいんですけど。



posted by mocci at 14:57| Comment(0) | WordPress

2021年07月04日

PageSpeed Insightsを改善したい(テキスト圧縮)

メインサイトのコラム更新をしばらくお休みしようと思っています。


で、しばらく放置するにあたり久々にPageSpeed Insightsを見てみた。



モバイル32点 パソコン81点


テストしたのは一番アクセスがある「ガムテープのはがし方」のページですが、あいかわらずモバイルの点数低いですねー。


改善できる項目 短縮できる時間(推定)

テキスト圧縮の有効化 3.39 s
オフスクリーン画像の遅延読み込み 3.02 s
使用していない CSS の削減 2.25 s
使用していない JavaScript の削減 1.95 s
レンダリングを妨げるリソースの除外 1.8 s
最初のサーバー応答時間を速くしてください 1 s
次世代フォーマットでの画像の配信 0.9 s


テキスト圧縮の有効化:
「テキストベースのリソースは圧縮(gzip、deflate、または brotli)して配信し、ネットワークの全体的な通信量を最小限に抑えてください」



テキスト圧縮の有効化か…

今までプラグインで速度UPをと思っていましたが、劇的効果は見えませんでした。

何故か Google Adsense の表示がずっと不安定で、プラグインを疑って入れたり外したりしています。今も調子がいい時があるかと思うと次の日には表示されなかったり。

ちょっと考えを変えて、このあたりをやってみましょうか。。。



〜参考サイト〜


gzip圧縮を有効にするには.htaccessの一番下に以下のコードを貼り付けます。(.htaccessのバックアップをとっておきましょう)ただし以下の方法は、mod_deflateが使えるレンタルサーバーの場合に限ります。さくらインターネットでは一応使えるみたい。

さくらインターネットのレンタルサーバーで mod_deflate による通信の圧縮を利用するには、 .htaccess に記載を追記するだけです。



Gzipチェッカー (ページがgzipに対応してるか確認)




画像形式をWebPにするのも効果があるそうな。

そのうちやってみようと思う。。。


今回は次世代画像フォーマットWebP(ウェッピー)の実装方法をご紹介いたしました。既存のサイトでも取り入れることはできるので、ページ速度改善の際はWebP(ウェッピー)の使用をおすすめします。



タグ:Wordpress
posted by mocci at 13:23| Comment(0) | WordPress

2021年06月14日

ついにサポート終了!AFFINGER5→AFFINGER6移行の仕方

「WING(AFFINGER5/EX/STINGER PRO2)の販売を2021年6月30日をもちまして終了致します。」

というメールが来ました。

いよいよAFFINGER5のサポートも終了するらしい。

後継のAFFINGER6(ACTION)β版が無償ダウンロードできるそうなので、やりかた説明ページをみてみたけれど、

なんだかよくわからん・・・

ACTION(AFFINGER6/EX/STINGER PRO3)について

【関連リンク】
ACTIONマニュアル
WING(AFFINGER5/STINGER PRO2)からの移行手順




解説ページがあったのでメモ。



最初は、「ACTION(AFFINGER6)  ver20210201-WING互換」だけ適用して「子テーマ-ACTION(AFFINGER6) ver20201223」をいれて子テーマを「有効化」すればよいと思いました。
が!
そうではありませんでした。
以下、AFFINGER5→AFFINGER6移行の仕方について記します。

※AFFINGER5の時に、「クレジット削除プラグイン」を利用していた場合は、これを「無効化」した後に「「CHILD ACTION AFFINGER6」を「有効化」してください。
※AFFINGER6の要求するシステム要件は整えたうえで移行作業を行ってください。
※AFFINGER6のバージョンは、その時の最新版を確認してください。



これを見て作業しましょう。

今週中。


→ 6/20作業終了。以下覚書き。

・フッター画像が消えていたので「ヘッダーと同じ画像を使う」に再チェック。
・色関係の設定が引き継がれない。SnapUpでAffinger5の設定を見ながら外観の編集でひとつひとつ直す。
・Hタグの見出し設定が引き継がれない。同上




posted by mocci at 22:12| Comment(0) | WordPress

2021年05月21日

プラグイン「ProfilePress」の設定変更

ふとしたことから、サイトのエラーを発見。

ProfilePressという見慣れないプラグインが自動更新されている。
これ何?と検索したら、旧WP User Avatarとのこと。

何だっけ、とジュンイチさん情報を求めて ジュンイチ をつけて検索したら、
変なリダイレクトされてプロフィールが表示されない現象があるから削除した方がいいよと。

松原 潤一@デジタルマーケティング専門家
「プラグイン「Profile Press 旧WP User Avatar」を使っている人は、 https://●●●.com/profile というアドレスをプロフィールにしている場合、変なページにリダイレクトされるという事象が起きているので、プラグインを停止し削除することをオススメします。」


え?そうなの?

試しに自サイトでプロフィールを表示させてみたら、Profileをクリックしても表示されない!

HOMEに飛んでしまう!

調べたらこんな情報が。


WordPress 固定ページ「profile」だけ管理画面にリダイレクトされて表示されないエラーの対処法
| MY-TERRACE(マイテラス)
「エラーが起きた時の「何もしてない」は絶対に何かしているから要注意です。
ってわけで、関連ありそうなプラグインをチェックしていくと、すぐに原因がわかりました。
原因はプラグイン「ProfilePress」
2021年5月中で、プラグイン「WP User Avatar」は、プラグイン「ProfilePress」にリニューアルされていました。」


一旦削除した ProfilePress を再インストールして、上記にしたがってスラッグ変更。

ついでにプロフィールのスラッグも変更、my-profile に。

これで解決?

ProfilePress を無効にすると投稿下のプロファイル画像が表示されないようなので、とりあえず有効にしておく。




「phpテンプレートファイルのURL一括変更も忘れずに実施」ってあるけど、必要かな…

見たところ正常に表示されているようだし、SearchRegexで検索しても /profile/はなさそうだし…

ていうかSearchRegx で /my-profile/を検索してもひっかからないのはどうしたことでしょう。

てなことは何か問題が見つかったら調べることにします。。。



posted by mocci at 12:21| Comment(0) | WordPress

2021年04月23日

WPサイトヘルスでimagickがない警告が出たときの対処方法

さくらのレンタルサーバーでphp.iniに1行記述する必要があるとのこと。

ワードプレス サイトヘルスでimagickがない警告が出たときの対処方法 

extension=imagick.so

を記述するだけ。

警告は消えました。


タグ:Wordpress
posted by mocci at 11:33| Comment(0) | WordPress