2022年02月10日

日本が目指すべき独自の進化(日本人の特性)


日本は世界から遅れつつあると言われているが、

日本人が持つ特性を活かして、世界をリードする社会モデルをつくることができるはず。

という力強い意見。

お花畑かもしれないけど、そう思うしそうなって欲しい。


永田公彦氏(Nagata Global Partners代表パートナー、フランス国立東洋言語文化学院非常勤講師)


この文章の中で、日本人の特性をとても上手に言い表しているところがありました。

思わずうなずいてしまったので、メモです。


こうした日本の不変性は、良くも悪くも歴史的に日本人社会に深く根差す次の9つの文化特性に起因していると思われます。

(1)スローな世代交代サイクル(豊富な経験と組織内人脈が重視される年功序列社会のため、権力の世代間移転がゆっくりとしか進まない)
(2)強いリスク回避願望(特に前例や経験のないことに取り組むための心理的ハードルが高い)
(3)強い失敗回避願望(自分に対する周囲からの批判・攻撃・出ていけ要求を避けるための自己保身)
(4)厚いウチとソトの壁(文化的に同質性が高い内輪の人たちでコミュニティーをつくり、異なる文化や考えを持つ人への許容力が低い。そのため異質との接触によるイノベーションが起きにくい)
(5)「社会の和を大切に」という言葉の負の側面(たとえ理不尽とか問題ありと思われることでも、周りと波風を立てず同調する方が楽と考え、それを放任、または自分も加担する)
(6)細部まで気にする完璧主義(周到な準備をして全てがうまくいくと確信しないと決断しない、動かない)
(7)ルールの三重構造(周囲の目や空気・こうあるべき論や常識・法律や規定)に縛られる
(8)なんでも「はんこ」に象徴されるように、ルールが機能不全を起こしたり合理性に欠けても、それに気づかなかったり、惰性で従う(変えるのは大変、従う方が楽)
(9)利害調整によるコンセンサス型の意思決定(責任者個人による合理的決断ではなく、多くの関係者間の人的関係、パワーバランス、忖度、空気読み等による利害調整をもとにした集団的決断)
 このような文化的特性により、進取の気性を持って素早く動く一部の人たちを除き、多くの日本人には、変わることへの決断と行動に長い時間が必要です。


・・・素晴らしい言語化能力だなあと感心してしまいました。^^


タグ:記事 コラム
posted by mocci at 21:13| Comment(0) | 日記

2022年02月02日

定年が視野に入ったら考えるべきこと

50代になったら意識して行きたいこと。

私が動き出したのは、55を過ぎてからでしたが… ^^;


 ダイヤモンド・オンライン 2022年1月18日
 前川孝雄氏『50歳からの人生が変わる痛快! 「学び」戦略』から

思えば、日本のサラリーマンは生殺与奪の権を会社に握られていました。
今こそ、それを自分の手に取り戻すべきときです。

では、何をしたらいいのか。
「やりたいこと」を見つけるのです。
「天職」に出会うのです。
それこそが自分のキャリアのオーナーシップを握り、幸せな第二の職業人生を送るために最も大事なものなのですから。

しかし、自分でキャリアビジョンを描いた経験がないミドルが、ゼロからやりたいことを見つけるのは簡単なことではありません。
あまり深く考えずにとりあえずで決めてしまうとあとで方向転換することになるリスクが高すぎますし、かといって、じっくり時間をかけて考えれば正しい答えが見つかるというものでもありません。
そもそも頭の中だけで考えても答えの出にくい問題です。

そこで、私が提案するアクションが「学び」です。
まずは興味が惹かれる分野に関して学んでみるのです。
学ぶという行為、学びに付随する体験は、「やりたいこと」を実感をもって知るためには非常に効果的だからです。


定年前には、「起業」について学びのアクションを起こしました。

たくさん考えていろいろやってみて、
結局お金を稼ぐよりも面白いことを見つけて、
今はそれを「学んで」います。

我流でやってきたドラムをちゃんと勉強すること。

思ったような音が出せるような技術を身につけること。

自分で音楽を作れるようになること。

いやー、楽しいですわ〜。

そしてこれが「稼ぐ」ことにもつながっていくといいな、と。

・・・根拠もなく、できそうな気がしています。わはは

タグ:記事 コラム
posted by mocci at 20:26| Comment(0) | ブログ

2022年01月31日

ダイソン掃除機がすぐ止まるので

ダイソンのハンディクリーナーがすぐ止まる症状。

ネットで「ダイソン すぐ止まる」と検索すると、多数の事例が出てきます。

バッテリーを疑う前に、フィルターの掃除をしようというのが一般例のようです。

フィルターの掃除はちょっと前にやっていたようですが、フィルターを外すとしばらくは運転するのでちょっと怪しい。

一応、外して水洗いしてみましょう。

洗い方は、下記の通り。

ダイソン掃除機すぐ止まるので
掃除機のバッテリー表示ランプと使用頻度からバッテリーは問題ない可能性がかなり高く、
フィルターの詰まりの可能性が高いと思うとの事でした。
フィルターの掃除の仕方を聞かれました。
説明書の絵の通り、水道水流しながらフィルター掃除した。と、言ったら
洗面器やバケツ使って水に浸け洗いして下さい。
水に浸けながらフィルターを揉んでください。と言われました。


故障?ダイソンがすぐ止まる、動くを繰り返す場合の対処法 | 家事を楽しむ
フィルターを洗うのであれば、次の手順で行ってください。
サポートセンターのオペレーターに教わった方法です。
・メッシュ部をもみほぐしてホコリを浮かす
・バケツでバシャバシャ洗う
・24時間以上乾燥させる
気を付けることは、完全に乾かすこと。


うちのダイソンの場合、ごみが溜まるところの内側の金属メッシュ部分にほこりが溜まっていたので、外からブラシでこする+軽く叩くで多少きれいに(外せないのかな、ここ)。

この作業は細かいほこりがたくさん出てくるので、家の中でやるのはあまりおススメできません。
次やる時は外でやろう(笑)


フィルターを水洗いしましたが、あまり汚れていない様子でした。

明日、乾いたフィルターをつけて試運転です。

止まらないことを期待しましょう。




・・・次の日。

フィルターを元通りにしてスイッチオン!

見事、止まらずに運転。

やはり詰まってましたか。

どちらかというと、金属フィルター部分のほこりが原因だったような気がする。

お手入れはちゃんとしましょう。



posted by mocci at 14:36| Comment(0) | 日記

2022年01月29日

不機嫌で人を動かすのは、赤ん坊

ダイヤモンド・オンラインにいい記事がありました。

『会って、話すこと。』という本の著者、田中泰延さんの言葉だそうです。



会話に不機嫌病が蔓延し始めたら、自分をさっさと隔離しよう。
笑い話にしてしまう、話題を変える、最後は物理的にその場を立ち去る。
手段はいくつかある。
なにより、あなたが機嫌よくしていれば、あなたにとっての世界は機嫌がよいのだ。
あなたができる最も身近な社会貢献とは、よい言葉とよい笑顔である。
だれかが言った。
「不機嫌で人を動かすのは、赤ん坊。ご機嫌で人を動かすのが、おとなである」と。
おとなが口を開くのは、自分の機嫌をよくするためで、それは他人の機嫌もよくする。
それこそが社会貢献なのだ。


今の職場で、不機嫌を装って人の気を惹きたがる「時々困ったちゃん」オジサンがいます。

極力笑い話に変換してあげるのですが、忙しい時はそれもめんどくさいので無視。

機会を見て、このことを教えてあげよう。

私より5歳年上なんですけどね(笑)


タグ:記事
posted by mocci at 10:29| Comment(0) | 日記

2022年01月28日

人生を実らせるのは『良い人間関係・元気・心の平安』である!

2022年1月27日 President Onlineの記事より。


50代は役職定年、親の介護といった人生の難局に直面する世代。
作家の松尾一也さんは「50代で人生のマネジメントができるか否かで、それまで育てた果実を手にできるか決まります。人生を実らせるのは、『エリート・金持ち・有名』ではなく『良い人間関係・元気・心の平安』です」という――。
※本稿は、松尾一也『50代から実る人、枯れる人』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の一部を再編集したものです。


ハーバード大学の調査は、2015年のTEDでプレゼンされたお話です。

私も2年前にコラムで書かせていただきました。

●人生を幸せにするたったひとつのもの〜75年の追跡調査から
 - MoonLife-Style 〜ゆるく楽しくセカンドライフ 2020-03-19

まだこれ、記事になるんだなぁ。。。(笑)


一番、避けなくてはいけないことは「セルフ・ネグレクト(自己放任)」に陥ることです。
セルフ・ネグレクトは孤独死の8割を占めると言われており、近年深刻な社会問題となっています。
「もうどうなってもいいや」という心境になった時こそ、友達に会うことです。

その通ぉ〜り!!!!


良い人間関係、元気、心の平安。

会社人生では得られなかったもの。

本当に大事だなあと、今実感できています。

ありがたやありがたや・・・

posted by mocci at 22:22| Comment(0) | ブログ